モヤモヤ相談室タイトル

HIV/AIDSについて

HIVにかかると死ぬんですか?怖いです。

  • 田沼順子/国立国際医療研究センター
    田沼順子国立国際医療研究センター
  • HIVにいったん感染すると、からだからHIVが取り除かれることはなく、感染は生涯続きます。しかし早く治療を始め、薬で血液中のウイルス量を検出できないぐらいにおさえることができれば、感染前とほぼ変わらない生活をずっと送ることができ、また性行為の相手に感染させることもなくなります。

    HIVというウイルスに感染すると、徐々に免疫力(病原体から身を守る力)が低下し、様々な合併症をひきおこします。一方で、エイズ (AIDS) とは、免疫力が低下した状態で特有の病気を発症した状態を指します。

    HIVに感染しても、エイズを発症するまでにかかる時間は非常に個人差があり、急速に進行する場合もあれば、何年もかかる場合もあります。

    HIVに感染すると、最初の2-6週間で発熱や発疹などが出ることがありますが、すぐに症状はなくなり、感染に気がつかないことが多いです。そのため、HIV感染症を早くみつけて早く治療がすることが、とても大切です。HIV検査は全国のほとんどの保健所等で無料・匿名で検査が受けられます。もちろん、病院でもHIV検査が受けられます。

    そして、HIVに感染する経路として最も多いのが性行為ですが、HIVは、日常生活、学校生活、一般的な仕事で感染することは決してありません。性行為の時にコンドームを使うなど、ちゃんと予防法もありますから、過度に不安に思う必要はありません。もし不安があれば、保健所などで相談ができます。オーラルセックスの場合も、口の中の粘膜から感染の危険性があるため、コンドームの使用が予防に有効です。

    性感染症や性の健康について解説している以下のサイトも参考にしてください。

  • 生島嗣/NPO法人ぷれいす東京 
  • HIV(エイチアイブイ)はセックスの経験があれば、だれにでも関係がある病気です。日本では毎年、1000人以上がHIV検査を受けて自分の感染に気づいています。

    今では、治療技術がものすごく発達していて、早めに気づけばちゃんとコントロールできる病気になっています。学校や仕事も続けられるし、恋愛や結婚、子供を作ることも可能です。普段の生活の中で、誰かにHIVを渡すこともありません。

    感染がわかると、最初は月に1度くらいの通院が必要ですが、体調が落ち着くと、2〜3ヶ月に一度の通院になります。治療は、HIVの増殖を抑える薬を1日1回飲むだけです。

    ただ、気をつけて欲しいことがあります。過去に予防しない性行為の経験があるなど、感染の可能性があるならば、早めに感染しているかどうかを確認して専門家のお医者さんと相談しながら治療をスタートすることが大事だということです。自分の感染に気づかないでいると、予防なしの性行為で、知らない間に誰かにHIVを渡してしまうこともあります。

    日本には、3万人くらいのHIV陽性者が暮らしています。見た目ではわかりません。居ないのではなく、差別を恐れて周囲に言わないでいる人たちもたくさんいるのです。

    もし、気になる人は、HIV検査・相談マップで無料で、名前を言わなくても受けられるHIV検査の情報を検索することができます。

    不安になった時には、電話相談サービスが全国にあります。ぷれいす東京でも運営していますので、気になることがあったら、気軽に相談して見てください。

  • 中里虎鉄/フリーランスフォトグラファー、エディター
    中里虎鉄フリーランスフォトグラファー、エディター
  • 怖いよね。僕もHIV感染を知った時は初めて「自分って死ぬんだ」って思って涙が止まらなかった。だけどね、今はHIVに感染しても無症状の段階でしっかり薬を飲んで治療することで、健常者とほぼ同じ生活を送ることができるんだ。もう「死の病気」ではなくなっているんだよ。

    僕は感染がわかってすぐに、治療費が不安になったんだ。治療薬は高いって聞いていたから、感染を宣告された後一番最初にやったことが治療費の検索。
    情報がごちゃごちゃになっていて難しいのだけど、実際は障害者手帳を発行することで、自分の収入に合わせての金額になる。僕は3か月5000円くらいで済んでるよ。だから治療費に関しても極度な心配をする必要もないからね。
    ただ、調べないと分からないことだらけで、ただでさえ感染宣告をされてしんどいのに、そこから自力で調べたり、対処しないといけないのは大変だったよ。そんな手続きや心のケアをやっている団体なんかもあるから、そこを先に調べればよかったなって今は思うよ。(東京だとぷれいす東京なんかがあるよ)

    あと、自分以外のHIVに感染した当事者に会ってみるのもいいかも。自分だけでこの病気と戦っていると、知識のあまりない周りの人たちからの言動って時々しんどくなる時があるんだ。だけど、HIV感染者の先輩たちに会うことで、この病気が自分が思っていたよりも怖いものではないって気づけるし、HIVとの上手な付き合い方を教えてくれるかもしれない。
    もちろん身近な人からのサポートも大事だけど、無知が故にあなたを傷つけてしまう言動をしてしまうかもしれない。そんな時に自分の心を守るためにも、知識を持った人と会うことは大切だったなって思うよ。
    最初は不安や恐怖が大きいかもしれないけど、迅速に適切な治療とケアをしてあげてね。

関連記事

モヤモヤをさがす

あなたのモヤモヤ教えてね

セイシルで取り上げてほしい「性のモヤモヤ」を投稿してください。
採用されたモヤモヤは、個人が特定できないようにしてセイシルで掲載されます。
現在モヤモヤが集中して、お答えまでにお時間がかかっています。
また、すべてのモヤモヤにお答えすることをお約束するものではないことをご理解ください。
早く回答してほしい!というご相談はこちらのページの各相談窓口にアクセスしてください。