ボディタッチ 嫌 バウンダリー

ボディタッチが激しい友達がいて、困っています

別に絶対触られるのが嫌なわけではないですが、急に抱きつかれたり、髪の毛を触られるとゾッとする時があります。。。 本人に悪意はないので「やめて」とも強く言えないです。それに、自分も嫌な時と嫌じゃない時もあります。 その子だけに思うのか、自分が潔癖なのか、自分自身もよくわかりません。どうしたらいいのでしょうか。 家族はあまりそう思いません。
  • 野坂祐子
    野坂祐子

    大阪大学大学院人間科学研究科 臨床心理士/公認心理師

  • 自分のからだに触れられるのが、嫌な時もあれば、そうでない時もある。相手によるのか、タイミングによるのか、はたまた触れ方によるのか…?ボディタッチって「いつでもOK、何でもOK」ってわけじゃないから、不思議ですよね。

    実は、ボディタッチに対する感覚は、そんなふうにいつも変わりうるものなんです。
    というのも、私たちのからだは境界線(バウンダリー)で守られていて、自分が望んでいない時は不快になる一方、自分も求めている時は、他者との触れ合いが心地よく感じられるものだから。

    相手が誰であっても、「急に」抱きつかれたなら、自分の境界線に入り込まれた感じがして、びっくりします。髪の毛や顔、ましてやプライベートパーツ(性的な部位)に触れられたりすると、知っている相手でも「なれなれしいな」と感じたり、「やめてよ」って思ったりします。こわくて、深く傷つく体験になることもあります。

    相手に悪気があるかどうかは、関係ありません。境界線は、あなたのものだからです。
    そして、あなたは自信をもって、自分の境界線、つまりからだの感覚を大事にしていいんです。

    もし、また友だちがボディタッチをしてきたら、「わたし、触られるのは苦手だからやめて」って伝えてみるのはどうでしょう? 友だちを否定するのではなく、行動を拒否するのです。だから、罪悪感をいだく必要はありません。

    人によって境界線の感覚は違うので、話せる仲間と「どういうタッチはOK? NG?」とおしゃべりするのもいいかもね。気分や体調によって、「そばにいて」と感じることもあれば、「ごめん、ちょっと一人にさせて」ってときもあるでしょ? だからって、あなたが冷たい人になったわけじゃなくて、今は静かに休息したいってだけの話。

    こんなふうに、境界線って、そのつど相手に聞いてみないとわからないんだ。
    友だちであれ、家族であれ、境界線を守るには、コミュニケーションが大事なんだね。

  • 徳永桂子
    徳永桂子

    思春期保健相談士

  • ボディタッチをどこまで許せるか、どこまで自分が安心・大丈夫と感じられるかってラインは、それをしてくる相手との関係性によって変わってくる。さらに受ける人の感覚によっても変わってくる。だから人と違っていいんだよ。

    人には自分の体を大切にする・守る権利がある。あなたが嫌だと感じるのは自分の体を大切だと思えているから。自分の体の状態や置かれている環境によって体を大切にする行動が変わってくる。体調が悪いときは自分を守るために、より人とのボディタッチを避けようとするから、変化して当たり前。あなたが悪いということではないよ。

    「性的同意」という言葉、聞いたことある?これ、性行為の話だけじゃないんだよね。誰にとっても、自分の体は自分だけの大切なもの。この体に誰がどのように触れるか、決めて良いのは自分だけ。だから体に触れる行動を起こす側が、その都度、同意を取る必要がある。こういうことは「性的自己決定権」(性に関することがらについて、自分のことは自分で決める権利)の勉強をするときに、わかりやすく説明をしてもらえると日常生活に活かすことができる。性教育が充分実施されていない状況になっている事、本当に申し訳なく思ってるよ。

    人と同じことが重視される日本社会では、Noって言いづらいと感じる人も多い。そういう時は、私を主語にするI(アイ)メッセージを使うと伝えやすいよ。「(私は)髪の毛を触られるの好きじゃないんだ。」「(私は)急に抱き着かれてビックリしたよ。先に声をかけてくれると嬉しい。」
    友達に悪気がないってことだけど、自分で意識化できていないとこれからも繰り返して、嫌だと感じる人が出てくるってことだよね。周りの人に対しても「今急に抱きつかれて、(私にはあなたが)嫌そうに見えたけど大丈夫?」などと使っていくことで、その友達も、自分の当たり前と周りの感覚が違うことに気づいていける。これってすごく友達のためになると思うよ。

  • りな
    りな

    NPOピルコンフェロー

  • 家族とはOKでも友達とは嫌なこと、ありますよね。あなたが悩んでいるパーソナルスペースに関しても、相手や場合によってOK/NGが変わったりします。

    このようにOK/NGの「境界線」(「バウンダリー」とも呼ぶ)を持つのは大切なことで、自分のニーズを把握するという立派なことなんです。バウンダリーは他人を遠ざけるものではありません。お互いのバウンダリーを尊重することによって信頼が生まれ、充実した人間関係を築くことができるんです。

    みんな色々な境界線を持っているので、他の人の境界線を想定できない時もあります。そこで言葉を使って表すのが必要になってきます。相手が納得しなくても、自分のバウンダリーは正当なもので、尊重される権利があります。

    あなたがゾッとしたのは、バウンダリーが超えられたサインだと思います。嫌な気持ちを覚えたのは悪いことではありません。友達と対等で健康な関係を保つためには、バウンダリーを明らかにする必要があるというだけです。

    あなたが考えた通り「やめて」だけだと相手が傷つくかもしれないので、まずは友達として感謝していることを伝えよう。そうしたら、優しくはっきりと自分の境界線を伝えよう。どこまでならOKかを伝えるのも良いかもしれません。

    例えば、「〇〇、いつも仲良くしてくれて嬉しいよ。ところで〇〇はいつもハグしてくれるけど、実は自分はボディータッチが苦手なんだ。代わりにハイタッチだけか、手を振るのがいいな。」などはどうでしょうか。

    最初は慣れる時間が必要かもしれないけれど、友達は理解してくれるはずです。なかなか尊重してくれない場合は、再度伝えてみよう。それでもだめだったら、仲良くできないと伝える必要があるかもしれません。

    人間関係を築く上で自分のニーズと向き合うことは、生涯の取り組みです。友達への優しさと愛情と同時に、自己尊重も大切にしていこう。

役に立ったらを押してね
押してくれてありがとう

2件のコメントがあります

  • 名無し

    わかる…同性の友達で気軽にハグしたり腕組んだりできる子いるけど、私はそのときどういう反応すればいいか分かんないし、急に来るとウワァってなるんだよね…。

    2023.12.10 13:19
  • pipi

    すごく勉強になりました。

    2023.12.09 12:08

投稿フォーム

ここでは記事に対するご意見・ご感想などを投稿いただけます。(ログインしない状態で投稿すると、あとから編集や削除ができないので注意してください)

禁止事項一覧

  • 個人情報
    本人・他人に関わらず、【氏名、電話番号、電子メールアドレス、住所】などの個人情報は投稿してはいけません。
  • 誹謗・中傷
    他人を誹謗・中傷するコメントは投稿してはいけません。
  • 他人へのなりすまし
    誰かになりすまして投稿してはいけません。
  • 著作権に触れる情報
    無断転載・複製は違法行為になります。他のwebサイトや著作物の内容を転載する場合は、あらかじめ著作者の許諾を得てから投稿してください。
  • わいせつ・暴力的な表現
    わいせつ目的、暴力的な表現、その他第三者が不快に感じる要素を含んだ投稿はしてはいけません。
  • 広告目的
    広告目的の投稿はしてはしないでください。また他のページに転送することを目的とした投稿はしないでください。
  • 嘘の情報
    虚偽の情報や、架空の出来事をでっちあげてはいけません。
  • 重複投稿
    同じ内容の投稿を何度も繰り返したりしないでください。
  • 記事と関係のない投稿
    記事やそれに対するコメントなどと関係のない内容を投稿することはやめてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

モヤモヤをさがす

あなたのモヤモヤ教えてね

セイシルで取り上げてほしい「性のモヤモヤ」を投稿してください。
採用されたモヤモヤは、個人が特定できないようにしてセイシルで掲載されます。

現在モヤモヤが集中して、お答えまでにお時間がかかっています。また、すべてのモヤモヤにお答えすることをお約束するものではないことをご理解ください。早く回答してほしい!というご相談はこちらのページの各相談窓口にアクセスしてください。