マスターベーションを知ろう男の子

マスターベーションを知ろう!〜男の子編〜

知ってるようでじつは知らない、聞きたいけれど聞きにくい…みんなが「本当はもっと知りたい!」と思っている“性のあれこれ”についてご紹介する「性知る?」のコーナー。 今回のテーマは「男の体を持つ人のマスターベーション」について。 身近なことにも関わらず、誰かにちゃんと聞いたり教えてもらったことはない…、そんな男の子のマスターベーションに関するもやもやを解消します!

マスターベーションは「ひとりエッチ」「オナニー」「自慰」などなどいろんな呼ばれ方をしますが、意味することは“自分自身でする性的行為”、つまり、性器やからだを自分で刺激して、気持ちよくなるということ。 基本的にひとりですることだから、なんとなく話題にしづらさを感じる人もいるかも。 でも性欲はなにも異常ではなく、健全で自然な生理的欲求ですから、むしろ、きちんとした情報を得られずに、不適切な方法で続けるマスターベーションのほうが危険な場合もあるんです。 自分のためにも、正しい情報を知っておくことはとっても大切なんですね。

登場人物

  • ヒカル
    ヒカルくん 水戸市在住の県立高校の1年生、16歳。 サッカー部(補欠)。 好きな食べ物は納豆。
  • ペニー
    ペニー ヒカルくんのカラダの一部であり、無二の親友。 ヒカルくんにいつも痛い目にあわされて悲しい思いをしている。 「もっと大事にして欲しい」 その思いを伝えるべくペニーは一心発起し、コミュニケーション能力を身につけた。
  • もやぱん
    モヤパン 乙女たちの恋愛や性のモヤモヤから生まれた謎の妖精。悩める乙女を救うために存在するが、男の子のこともよく知っているから時々ヒカルくんにアドバイスをしにくる。

男の子のオナニーの3つのポイント

1.
オナニーのしすぎはカラダに悪いなんてことはないから、自由にたくさんやってOK。
2.
強グリップ・床オナ・足ピンは腟内射精障害の原因に。
3.
清潔な手でしよう。
オナニーは、マナーをまもって、一人の空間でしようね。
性知る?vol.02 ヒカルくんがオナニーをしているシーン
ヒカルくんがマスターベーションを覚えたのは中学1年生のとき。友達に教えてもらったのだそうです。それ以来ハマってしまって、今では毎日しています。 部活の仲間とは、マスターベーションのやり方や回数についてもオープンに話す仲です。 ネットなどで水着の女の子を見るとムラムラ…、自分の意志に関係なくムクムクふくらむカラダの一部を、ついつい触りたくなっちゃう!そんな日々を過ごしています。
ヒカル
あー!またコマチちゃんのこと考えてたら、でっかくなってきちゃったよー。 この前も男友達とエロい話してたらでっかくなっちゃって、帰り道歩きづらくて困っちゃったんだよなあ〜。 それにしてもこいつ、時と場所を選ばないで突然でっかくなるなぁ…(ゴソゴソ…)。
ペニー
い、イタいじゃないか!やめろォォォォ!
ペニーが登場するシーン
ヒカル
えっ!なんだお前!なんで話してんの?なんかキモッ!
ペニー
何いってんだよ!キミの一部だぞ!ほら、“ねもと”がつながってるだろ。 ボクの名前は「ペニー」!よろしく!
ヒカル
う、うん…よろしく。
ペニー
ヒカルくん、まだカラダがイタいよ…、イタタタ…。 君がオナニーするようになってからず〜っと耐えていたけど、ヒカルくんは僕を強くこすり過ぎだぞ!おかげで僕は、慢性全身やけど状態だよ。 もう少し扱いに注意してもらわないと困るよー!
傷らだけのペニー
ヒカル
それは悪かった!でもさ、気持ちよくてついついゴシゴシしちゃうんだよね。 こうやってベッドにうつ伏せになって、シーツにこすりつける。それ!ゴシゴシ…
無邪気に床オナをするヒカル
ペニー
ギャー!焼けるー!!!
モヤパン
ちょっと待ってヒカルくん!そんなやり方してると将来大変な目に合うわよ!
ヒカル
え!だ、だれ!?
クローゼットから登場するモヤパン
モヤパン
わたしの名前は「モヤパン」。たくさんの人たちに正しい“性の知識”を伝授するために生まれた妖精なのよ。
ヒカル
妖精…って感じじゃないけど?
モヤパン
うるさいわね。妖精ったら妖精なのよ。 とにかく今日はあんたたちにマスターベーションについて教えるためにやってきたわ。
ヒカル
もしかして、オナニーのやりすぎを注意しにきたの???
モヤパン
そうじゃないわよ。ヒカルくん、マスターベーションをするのは悪いことじゃないわ。自分で自分の性欲をコントロールできるようにしたり、自分のカラダをよく知ることができる、とっても大切な行為だからたくさんやっていいのよ。 だけどね、不適切なやり方でやってしまうと、ペニーが刺激を感じづらくなったり、将来子どもが欲しいと思ったときにできづらくなったりっていうトラブルにつながってしまうから注意してね。
ペニー
やっぱり!なんか最近刺激に対して鈍感になってきたような気がしてたんだ…。怖いよ、ヒカルくん。
ヒカル
ふーん。そんなの本当かな?学校でもそんなこと言われてないぞ。
モヤパン
たしかに学校ではマスターベーションについて教えてくれないわよね。「マスターベーション世界調査」によると、日本はマスターベーションについて学んだ人の割合がわずか12%で、ロシアとならんで世界最下位だったわ。 だけど、世の中には学校では習わないけれど、大事なこともあるのよ! マスターベーションの知識も、学校では教えないけど大切なことの一つ。特に「やってはいけないマスターベーションの方法」については、ちゃーんと理解しておく必要があるわ。
ヒカル
確かにオレもオナニーのことは友達から聞いて知ったしなぁ。ところで、やってはいけないマスターベーションってどんなの?
モヤパン
思ったよりものわかりがいいわね。 まずひとつめに、ヒカルくんがさっきやっていたような、ベッドに強くこすりつけるやり方は超キケンよ。ほかにも机の角とか、床にこすりつける…いわゆる「床オナ」ってやつね。 床オナを続けて“強い刺激”に慣れちゃうと、実際のセックスの刺激では快感を感じられなくなってしまうわよ。
ヒカル
そっか。友達が「こすりつけると気持ちイイぜ!」って言ってたから真似してたけど、キケンだったんだなぁ。ペニー、ごめんな。
ペニー
わかってくれてうれしいよ!
モヤパン
ヒカルくん、じゃあこすりつけるんじゃなく、自分で握ってやる場合どんなふうにしているか見せてみて。
ヒカル
ちょっとはずかしいけど…まずはこうして、ペニーを強く握って…!
強く握りすぎてペニーが窒息しそう
ペニー
ギャー!苦しい!苦しい!
モヤパン
ヒカルくん、ストーップ! ハイ、これがやってはいけないやり方の2つ目、強グリップ! そんなに強く握ってやったら、さっきの床オナと同じように、将来セックスで快感を得られなくなってしまうわ!
ヒカル
えええ!強くにぎったほうが気持ちいいのに。
ペニー
ヒカルくん、頼むからやさしく扱っておくれよ!
モヤパン
危険なやり方の3つ目は、足をピーンと伸ばしてするマスターベーションで「足ピン」と呼ばれるやり方よ。 この「足ピン」を続けていると、セックスのときにきちんと射精できなくなってしまう危険性があるわ。
足ピンオナニーシーン
モヤパン
ヒカルくん、椅子が倒れるからそもそも危険よ。セックスのときに女性の腟内できちんと射精できなくなることを「腟内射精障害」というのだけれど、「床オナ・強グリップ・足ピン」の3つは、この腟内射精障害の原因になるキケンなやり方ワン・ツー・スリーなの。 わかった?
ヒカル
うん。床オナ・強グリップ・足ピンが腟内射精障害の原因ワン・ツー・スリーなんだね。ちょっとメモっておくよ。(カキカキ…)
ペニー
ヒカルくん、それ宿題のノートだよ。
モヤパン
それとちょっと気になったんだけど、ヒカルくん、マスターベーションするときは清潔な手でペニーを触るようにしてる?
ヒカル
手は…ペニーを触ったあとは洗うようにしてるけど…。部活終わりで汚い手のままで触っちゃってるかも。でもどうせあとでお風呂入るんだし、大丈夫でしょ?
モヤパン
ひかるくん、ペニーはこう見えてデリケートなのよ。汚い手で触ると、細菌が入って病気になってしまうかもしれないわよ。
ペニー
ううう…そんなのいやだ〜(泣) ヒカルくん、オナニーのときはキレイな手でやさしく握るって約束して!
ヒカル
なんだか気をつけることばっかりでめんどくさいな…。
モヤパン
めんどくさくて悪かったわね。 でも今日言ったことを守れば、マスターベーションは自由にいくらでも楽しんでいいものなのよ。
ヒカル
でも、学校でも教えてくれないってことは、やっぱりあんまりよくないことなんじゃないの?オナニーをやりすぎて死ぬ「テクノブレイク」っていうのも聞いたとがあるよ。
モヤパン
やりすぎて死ぬ、なんてことはないから安心しなさい。 学校で教えないのはいろいろワケがあるんでしょうけど、自分の身体を深く知ったり、性欲をコントロールできるようにするためにもマスターベーションは決して悪いことではないのよ。
ヒカル
そうなんだ!今までなんだか後ろめたくてコソコソやっていたけど、これからは自信をもって堂々とオナニーするぞ!
モヤパン
あ、最後にマスターベーションのマナーを伝えておくわ! マスターベーションはどこでもしていいわけじゃないのは分かるわよね? ちゃんと自分の部屋とか、一人になれる場所でするのがマナーよ。たとえ家族であっても、人前でするのはマナー違反だからね! それと、あなたのマスターベーションの話を聞きたくない人もいるかもしれないから。マスターベーションについて誰かに話すときは「この話、していい?」とか「苦手じゃない?」と聞いてから話すことがおすすめよ。
ヒカル
わかった!周りの人に迷惑をかけないように、マナーを守ってオナニーするぞ!
ペニー
僕にも迷惑かけないように、やさしく刺激してね!

男の子のオナニーの3つのポイント

1.
オナニーのしすぎはカラダに悪いなんてことはないから、自由にたくさんやってOK。
2.
強グリップ・床オナ・足ピンは腟内射精障害の原因に。
3.
清潔な手でしよう。
マナーをまもって、一人の空間でしよう。
扇

ひとことアドバイス!

  • 10代の男性の1割以上が床オナ常習者と言われているわ。(「オナニー国勢調査/TENGAヘルスケア」より) 友達がやってそうだったら注意してあげてね。それと、もしも日常生活に支障が出るほど夢中になったり、コントロールできないという感覚があるのであれば、心療内科や思春期外来などの医療機関を受診してね!
  • モヤパンの一言アドバイス
監修:小堀善友(泌尿器科医/プライベートケアクリニック東京
役に立ったらを押してね
押してくれてありがとう

11件のコメントがあります

  • トラ

    みんなは何歳ぐらいからマスターベーションをしているのか気になりました。

    2021.07.23 18:05
    • n.M

      12歳

      2023.11.27 16:05
  • 名無し

    僕は小5で精通が来ました
    射精は夢精でしか行ったことがないので、よく分かりました。

    2021.07.22 17:58
  • 名無し

    本番でうまく勃たなかったのですが
    日頃からどうしたら良いでしょうか

    2021.07.17 18:19
  • 名無し

    オナニー最高☺️

    2021.07.16 11:00
  • 匿名

    あまり精子が出ない。。。なぜ。。。

    2021.07.10 10:13
    • 名無し

      男性の体を持っている人は、だいたい3日くらいで精子が満タンになります
      毎日オナニーしてるとどんどん精子が出て行って最終的に空っぽの状態になるから、日にち置いてしてみたら出てくるかも!

      2021.07.18 16:23
  • 匿名

    高校生なんですがオナニーをして射精をしたら精子と一緒に血が出て来ました。真っ赤な血でした。まあまあな量が出てて、その後トイレに行っておしっこをしたのですが血はです多少痛いぐらいでした。これは前立腺がん等のやばい病気によるものでしょうか?それともオナニー の時に強く握り過ぎてるのが原因でしょうか?また、病院に行った方がいいですか?怖いです。教えてください

    2021.07.03 18:37
  • Zero

    皮が被ったままの亀頭を攻めるのはいけないんですかね?
    とても気持ちいいんですけどね。

    2021.02.13 01:24
  • nomad

    脚ピンがくせになってしまって、そうしないといけないくらいなのでヤバいと思った。
    あぐらとか、正座してやるといいみたいだけど、どうしても脚をピンとしたくなってしまうのはなんでなんだろう・・・ 脚ピンがNGの理由、メカニズム そこを詳しく知りたい

    2021.01.20 14:22
    • 名無し

      足ピンがダメな理由は、足ピンしてないとイケなくなってしまううからだったと思います。
      パートナーとの行為中でも足をピンと伸ばした状態でいかイケなかったら困ってしまいます。
      ちなみに、足ピンでイキやすいのは足やお腹などに力が入りやすいからだった気がします。
      間違った情報かもしれないので、自分でも調べてみてくださいね。

      2021.07.15 03:36
  • モリ

    床オナがクセになっちゃった人はどうしたらいいんだろう・・・?続編希望!!!

    2021.01.19 21:00
  • ちゃび

    床オナがダメなのは知っていたけど、足ピンもダメなのは知らなかったです。
    腟内射精障害怖いのでやめます!

    2021.01.19 18:34
  • gingerbread

    ペニーくんかわいそう!
    男の子に危険なオナニーの仕方なんてあるんですね。

    2021.01.19 18:24

関連記事

モヤモヤをさがす

あなたのモヤモヤ教えてね

セイシルで取り上げてほしい「性のモヤモヤ」を投稿してください。
採用されたモヤモヤは、個人が特定できないようにしてセイシルで掲載されます。

現在モヤモヤが集中して、お答えまでにお時間がかかっています。また、すべてのモヤモヤにお答えすることをお約束するものではないことをご理解ください。早く回答してほしい!というご相談はこちらのページの各相談窓口にアクセスしてください。